スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STAR DRIVER 輝きのタクト 最終話「僕たちのアプリボワゼ」

ケイトはヘッド及び綺羅星十字団を倒すために、そしてスガタはザメクを封印するために、それぞれの思惑で代四フェーズの封印を解き、ザメクを起動させました。
ただ、ケイトはそれだけではなく、スガタを真に地球の王にもしたいらしいのですが・・・どう考えてもやり過ぎです。
なんだかケイトは正気とヤンデレの間を行き来していますね。

ヘッドがシンゴから譲られたサイバディのシンパシーは、他のサイバディとアプリボワゼできる能力を持っており、それを使えばスガタごとザメクを奪うことが出来る。
ヘッドがやたらこのサイバディにこだわっていたのはこのためだそうです。
シンパシーという名前も能力からそのまま来てるっぽいですね。
そしてヘッドは最後まで株を落としきり、ここまで来るといっそ清々しいとさえ思えてきました。
最初はミステリアスな人間だったのに、その正体は全てを解った上で間違った道を突き進む悪人でした。

続きを読む

スポンサーサイト

theme : STAR DRIVER 輝きのタクト
genre : アニメ・コミック

tag : 感想 アニメ STARDRIVER

STAR DRIVER 輝きのタクト 第24話 「ひが日死の巫女」

うわ畜生いいところで切れた!!!
次回が待ち遠しいどころじゃない!早く次が見たいいいいい!!!!!
・・・ふぅ、ちょっと落ち着くために今回の見所を箇条書きにしてみるか。

・ヘッド「とにかく君のが欲しいんだ」
・奥様まじ格好良い
・委員長まじヒロイン
・タクト君まじ空気
・ひが日死の封印解除
・そしてザメク復活

それにしても委員長、かなりヒロインっぽいけど、これはどっちかというとヤンデレっぽい。
そんでもってひが日死神社跡地でのスガタとのやりとりが、昼ドラほどではないにしても、なんだかドロッとしているように感じました。
しかも幼いスガタを助けたときのケイトが人魚姫を彷彿とさせるし・・・正直ケイトのハッピーエンドが見えづらい。
そして「永遠を貰った」発言がウテナを彷彿とさせるなぁ。
まぁ、ウテナに比べればはるかに分かりやすいけど。

って言うかスガタの内面の描写がないから、この先が予測しづらいんだよなぁ。
「与えられた役割を演じるのが得意」と言っておきながら、「与えられた役をやるかどうかは自分で決める」というし、彼がどうしたいのかが見えづらい。
なんだかケイトをダシにワコを諦めようとしているように見えるけど・・・その上タイガーにも泣かれてるし、本当に色んな意味で女泣かせな奴だなぁ。

続きを読む

theme : STAR DRIVER 輝きのタクト
genre : アニメ・コミック

tag : 感想 アニメ STARDRIVER

STAR DRIVER 輝きのタクト 第23話 「エンペラー」

今日はちょいとバイトの面接に行ってて遅れました。
それでも二週間ぶりのスタドラなんだから感想を書かないわけにはいきませんよね!!(`・ω・´)
ただ、それなりに思うところがあったのに、最後の最後で綺羅星スガタのせいで色々と吹っ飛んだwww
取り敢えずもう一度見直しながら感想を書きますww

前回のラストでニチ・ケイトがひが日死の巫女である事がスガタにばれて、それからスガタの心境に何らかの変化があった模様。
更にヘッドが描いたスガタの絵が届き、タクトの父親である事も知られる。
そのせいかタクトの目の前でワコにデートを申し込んだり、ワコにキスを迫り、最後には綺羅星十字団に入るとかね。

取り敢えずタクトは最初にこの島に来たときの目的である、「父親にあってぶん殴る」が達成されました。
もうちょっと盛り上がりがあっても良かったんじゃないのかなぁとも思ったのですが、サイバディに乗っての戦いはもう済んでいますし、あんまりグダグダやられても鬱陶しいので、あれでよかったと思います。

続きを読む

theme : STAR DRIVER 輝きのタクト
genre : アニメ・コミック

tag : 感想 アニメ STARDRIVER

STAR DRIVER 輝きのタクト 神話前夜の内容の考察

南十字学園祭にて、「夜間飛行」による演劇『神話前夜』が上演された。普通の人々には姿が見えないという不思議な少女・クレイス(ワコ)に恋をした少年・マルク(タクト)。
そんな彼に対し、サリナ扮する“エントロピープル”は、かつてクレイスに恋をしたもう一人の青年・コルムナ(スガタ)の話を聞かせる。当初、純粋にクレイスを想うコルムナであったが、彼女に触れたいがために、魔女アインの策略に乗って一隻の船を動かそうとした所から運命の歯車が狂っていく。


劇の内容を書くと面倒なので、公式サイトから引用しました。
まずは劇中に出てきた言葉が、タクト達の周りに出てくる何に対応しているのか、という事から考えていきます。


コルムナ=ザメク
命のオーラ=シルシ
空を飛ぶ船=サイバディ
魔女アイン=アインゴット
魚の惑星=地球
クレイス=四方の巫女
マルク=タクト
イカ大王=綺羅星十字団

夜の宝石=???
北の島の造船所=???

続きを読む

theme : STAR DRIVER 輝きのタクト
genre : アニメ・コミック

tag : 感想 STARDRIVER アニメ

STAR DRIVER 輝きのタクト 第22話 「神話前夜」

初っ端から劇がスタート。OPがAパートの終わりに来るってwww遅いwww
そして唐突に「イカ大王」という名前が出てきてびっくりしました。
よもやサカナちゃんのお話と繋がっていたとは。
この回を観終わった人の殆どが、イカ刺しサムの話をネットで調べるなりして見返しているはずですwww
ここで書きたい事をすべて書くと長くなってしまうので、考察は次の記事に回すとして、全体的な感想を書いていきます。

まず、部長と副部長。
一応部長は重要人物だと思っていたのですが、まさか一番確信に近い、というか核心そのものと言える人物だとは思いもよりませんでした。
そして、よもや副部長が・・・(((; ゚Д゚)))ガクガクブルブル
って言うかここでもQBの存在を感じる事になるとは夢にも思わなかった。
つーかエントロピープルって・・・まるで示し合わせたかのようなタイミングで色々とドキドキしましたよ。
まぁ、QBとは真逆の立場に出るので別にいいんですけどね。

それにしてもヘッドは本当に懲りないですね。
絵を描くのは別に良いのですが、それで大事なモノを見失ったら無意味だろうに。
まぁ、部長にはあっさりと振られちゃいましたけどねwww親父てwww

続きを読む

theme : STAR DRIVER 輝きのタクト
genre : アニメ・コミック

tag : 感想 STARDRIVER アニメ

STAR DRIVER 輝きのタクト 第21話 「リビドーなお年頃」

冒頭からタウバーンとコフライトが戦闘、そしていつもの如くタウバーンの勝利。
しかし相手のドライバーに配慮した戦い方に屈辱を感じるウィンドウスターとニードルスター。
タウバーンに力の上でも心理的にも勝つために、ウィンドウスターはプロフェッサー・シルバーの開発したオーバーフェーズシステムを使い、第3フェーズ以上の状態でサイバディとの一体化を果たす。

前回の次回予告でも思った事だったけど、正直気持ち悪い(´A`;)
しかもそのせいでケイ・マドカの正体がタクト達にバレてるし。
いや、むしろ今まで気付かれなかった方が不思議なんだけどねwww

ともあれ、相手を殺す気にはなれないタクトは徐々に追い詰められ、ヘーゲントにマウントポジションを取られます。
そしてスターソードでいよいよ止めを刺されるかと思ったその時、どういうわけかワコの力でヘーゲントが強制的に第3フェーズに引き戻され、タクトは無事に逆転できました。
これに関してプロフェッサー・グリーンは封印システムが人為的なフェーズの移行を許さなかったのだと推測しましたが、頭取こと我らが人妻、ワタナベ・カナコは「好きな男が他の女とイチャイチャしていたのが嫌だった」と、彼女らしい解釈をしますたwww

しかしサイバディの戦いはいわばリビドーのぶつかり合いとも言えるので、あながち間違っていない・・・どころか、むしろこれが正解という可能性の方が高そうです。
マドカも「私がリビドーで負けるなんて」と発言し、その後正体がバレた上に、負けた事を認めないのはみっともないという事で島を出る事に。
サイバディ戦での勝敗ではなく、リビドーの強さで負けを認めるというのが彼女らしいですね。

続きを読む

theme : STAR DRIVER 輝きのタクト
genre : アニメ・コミック

tag : 感想 STARDRIVER アニメ

STAR DRIVER 輝きのタクト 第20話 「描かれたあの日の虹」

ちょ、今回情報量多いよ!?おかげで録画していない自分は感想を書くのが遅くなってしまった・・・(´・ω・`)
それにしても初っ端からいきなりコフライトが復元完了してて吹いたwww
しかしヘーゲントは新たに何かを積むようで、そのために修復に一週間かかるとのこと。

今回はバニシングエージのメンバーの一人、議長ことカタシロ・リョウスケの回想を交えつつ話が進みますが、ここは回想部分をざっと抜き出します。
ヘッドの本名はツナシ・トキオ。
以前出てたミヤビ・レイジというのはどうやら自分で付けた偽名のようです。
彼が自分の絵にしていたサインはこれのイニシャルでした。
回想はリョウスケとトキオ、そしてタクトの母であるソラを中心に進みます。

リョウスケとソラはイイトコのご子息なのかは判りませんが、どうやら許嫁のようです。
というかこの島では代々シルシを継ぐ者の家がそのまま名家になっているでしたっけ?。
以前ベニオさんがチラッと自分の過去を垣間見せたときに、なにやらそれっぽい事を言っていたような気がします(勘違いでしたらすみません)
そしてリョウスケは本来のレシュの継承者だった模様。

トキオは初めのうちは純粋に絵を描く事が好きだったのに、次にはソラを好きになり、気がつけばサイバディに取りつかれてしまっていました。
ソラははじめリョウスケに想いを寄せていたものの、想いに応えてくれないからか、いつの間にかトキオとの間に子どもが出来ていました。
・・・結婚すらしていなかったのか・・・そりゃじーちゃんもそんな奴にシルシを継がせたくはないわなぁ。
しかも王と巫女以外のシルシなら継承可能なので、例の病院で眠っていた人物、マキバ・シンゴ(?)からシンのシルシを貰い受けるために接近・攻略していますた。
って言うかトキオに肩を抱き寄せられて頬を染められるとか・・・ガチじゃんこの人・・・(´Д`;)
相手の気持を理解している上での事だったら、出ているアニメが違えばヘッドはとっくに刺されて死んでますねww

タクトの懐中時計は、元々はリョウスケが持っていたものをソラにあげたものでした。
ソラが懐中時計を受け取った後失踪し、子供をトキオの父親に預け、その時に渡したのでしょう。
しかし、ソラ自身は未だ失踪したままだそうです。

続きを読む

theme : STAR DRIVER 輝きのタクト
genre : アニメ・コミック

tag : 感想 STARDRIVER アニメ

STAR DRIVER 輝きのタクト 第19話 「三人の日曜日」 感想

冒頭から木漏れ日のコンタクト(ワコの歌)が始まって、いきなり戦闘に入るのかと思ってしまいましたwww
ワコが教室に入ろうとすると、教室の中にはルリ以外に人がおらず、そのルリはというと、タカスギ先輩とガラス越しのキスをやっておりました。熱いのうwwwヾ(*´з`)ゝ
しかもワコの誕生日に先輩の家にお呼ばれしてるから誕生日に行けないとか・・・これなんてエロゲ?
って言うか奥様、キスマークをすぐに見つけるとか、一体どこを見ているんだwww
しかもシモーヌが「呼ばれて行ってみると親は急用で出かけており、家には二人っきり」という推測がまたwww
本編だけじゃなくてサブキャラの話も地味に気になるwww
まぁ、本編があってこそ面白いんですけどね(・w・)

ワコの誕生日にタクトとスガタは手料理のカレーを振舞う事に。
タマネギを刻んで涙ぐむ姿を見てワコが「スガタくんが泣いてるとこ始めてみた」とのこと。
しかもその決定的瞬間をタクトがデジカメで撮ってるしwww
そしていきなり鍋にまだ刻みきっていない玉ねぎを丸ごとぶち込むスガタ。
・・・スガタって結構負けず嫌いだね・・・www

その後タマネギはしっかりと切ったのかどうかはわかりませんが、無事に完成したカレーをワコが四杯も食べておりました。
流石は食いしん坊ヒロイン。今まで丁寧に食いしん坊キャラ描写が描かれてきただけのことはあります。
タクトは寮が焼けてお金が無いため、大切にしていた懐中時計をプレゼント。
蓋の裏の写真の女性はタクトの母親らしいのですが、どうにも直接は会った事が無いような口ぶりでした。
スガタは今までプレゼントをあげた事が無かったらしいのですが、いつの間にかタクトが取っていた、ワコを守るための短刀をプレゼントされました。
本当に物騒だなwww

それにしても時計をプレゼントしたときのタクトのセリフがプロポーズにしか聞こえないのですが、気のせいでしょうか?

続きを読む

theme : STAR DRIVER 輝きのタクト
genre : アニメ・コミック

tag : 感想 STARDRIVER アニメ

STAR DRIVER 輝きのタクト 第18話 「ケイトの朝と夜」 感想

タクト達は両主催のバーベキューを始めるものの、ほとんどの寮生は帰省しているため、お馴染みのメンバーで開催する事に。
今回ジョージは不参加ですが、未だにカナコにKOされた心の傷が癒えていないため、自室に引きこもってトレーニング中だそうです。
・・・タクトにやられたときはフェーズが違うとか言い訳は出来たけど、カナコの場合は得意分野でぼろ負けしたからなぁ(´w`;)
そしてこの時のテツヤのセリフ、「アルバイトとは言え、実社会に出ると想像を超えた驚きが待っている」は、後の伏線、というかとある出来事の前振りとなります。
寮生のみ参加出来るバーベキューに真面目な性格のベニオは部外者の参加を認めようとしませんでしたが、スガタが参加すると知るや態度を一転、あっという間にデレましたwww分かりやすいwww

食後に打ち明け花火大会を開催。
火のついた花火を持った人は何か一つ秘密を打ち明け、部長が認めれば「たまや」と言い、認めなければ「不発」として他に何か言わなければいけません。
そして次の人に回し、花火を持っている時に火が消えてしまったら脱ぐ、というルール。
何故かタクトばかり負け続けているらしく、ズボンとパンツしか残っていない状態で負けてしまったため脱ぐのを抵抗していました。

脱げばいいのに(^ω^)

大丈夫、ここまでこのアニメについてこれた人ならたとえ腐女子じゃない人でも「スタドラならしょうがない」と許してくれるはずwww
某アニメは男女平等パンチラで一部に話題になっていますが、スタドラは男女平等入浴シーン・・・あれ?よく思い返してみたらヒロインより主人公の入浴シーン多くね?
・・・これじゃあ腐向けと言われても文句言えないなぁ・・・。
その後偶然通りかかったマドカとコウの態度にベニオが腹を立て、花火戦争(?)が勃発。

ベニオ「今年の夏は燃えるわねえ」
タクト「燃え過ぎです!!」

その結果タクトの部屋に火花が入ってしまい、部屋が全焼。タクトは暫くシンドウ家のお世話になる事に。
ここでもタクトの入浴シーン・・・本当に男の裸が多いアニメだな・・・。
俺得だから望むところですけどね!!!!!(*゚∀゚)-3

続きを読む

theme : STAR DRIVER 輝きのタクト
genre : アニメ・コミック

tag : 感想 STARDRIVER アニメ

STAR DRIVER 輝きのタクト 第17話 「バニシングエージ」 感想

最近のスタドラが凄く熱いです(*´w`*)
2クール目に入ったからか、これまでの伏線を回収しつつ、新しく伏線をばらまいている状態といったところでしょうか。
今まで何度かニチ・ケイトがひが日死の巫女であると噂されていましたが、歌を歌った事で確実なものとなりました。
しっかりと劇中の情報を集めていた人は、何話か前の時点で確信を持ったらしいですけど、私は楽しめればそれでいい姿勢で見てるので確信が持てませんでした。

ともあれ、新たなキャラも出てきて話は更に進んでいきます。
まず冒頭で出てきた眠りについた人。
あれだけでは男なのか女なのかわかりません。
ヘッドがタクトの父親であるのなら、あの人物はタクトの母親という可能性があるかも知れません。

その後出てきた老人は、私は気が付きませんでしたが、どうやらワタナベ・カナコの夫、レオン・ワタナベのようです。皆よく覚えてるなー。
その隣にはシモーヌのお姉さん。
「サイバディが一般に知れ渡るようになる」と言っていましたが、それはいい意味なのか悪い意味なのか、予想がつきません。
何となく世界を支配する悪者っぽいように見えますが、そう思わせるための演出である可能性もあります。

続きを読む

theme : STAR DRIVER 輝きのタクト
genre : アニメ・コミック

tag : 感想 STARDRIVER アニメ

プロフィール

真崇高光

  • Author:真崇高光
  • なんかもうどうにでもなーれ(AA略)

    プロフ
    うわの空の日々

年月アーカイブ

 

カテゴリー

応援



Wii『朧村正』応援バナー 鬼助

ブログペット

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

タグリスト

RSSフィード

SEOタグ

Google AdSense

コミックス

ライトノベル

ゲーム

CD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。