スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毛糸のカービィがゲロむずい

いやもう何なのあれ。ただクリアするだけならどうってこと無いのに、家具の入手とビーズの維持が難しいわマジで。
ッて言うかプププランド。いつもなら序盤の簡単なエリアのくせに、なんで今回は最終エリアなの?
おかげでプププランドのくせにくっそ難しいんだけどwww

特にモクモクのきゅうでんが酷い。途中で出てくるクラッコが鬼畜すぎる。
もう何なのあれ。スタッフの悪意を感じるわ。
せっかくビーズを沢山集めていたのに、あそこで何度散らされたことか。
せめて地面が良ければチェインなんて諦めて続行してたけど、穴が開いてる所に星のビーズ(百個分)が落ちた時の悲しみと言ったらもう・・・。

デデデじょうも何気に鬼畜だった。
グルメレースのサウンドが取れるボンバーの所、見事にリトライをさせられましたとも、ええ。
ゴール手前の大砲でも何度かうっかり棘にぶつかってしまってたな。こっちは単に私が下手くそなだけだけど。

アミーボ・アモーレは、面倒ではあったけどそこまで鬼畜じゃなかったかな。
カーテンを掛けられるところと、スカーフィ召喚が若干鬱陶しかった程度で。
後は何回かのリトライで次のステージワッペンを手に入れられる量のビーズを取ってボス討伐成功。
きちんとエンディングを見て今日は終了。

アミーボ・アモーレは、その正体を知った時、ネーミングが秀逸だと思いましたね。
なるほど、アミーボ・アモーレね、と言うか。

明日は残ったステージを攻略して、マンションの住人からも布を手に入れて、もうそれで終わるかな?
入手する物が全部揃ったら、最後にもう一度カービィの部屋を模様替えしよう。
面白い仕掛けの物が手に入ると良いんだけどねぇ。
スポンサーサイト

theme : 星のカービィ
genre : ゲーム

tag : ゲーム 感想

Re:Monster

昨日、書店でRe:Monsterなる本を発見したので、ついうっかり立ち読みしてしまいました(・ω<)
昨日読みきるのはしんどかったので、昨日は半分以上を読み、今日読みきったのですが・・・書店にとっては物凄い迷惑ですね、ええ。
店員の立場で見れば、単行本をまるごと一冊立ち読みする奴なんて来ないで欲しいモノです。

さて、これはランペイジと同じく、ネット小説から商品化されたものです。
ので、現在この本の続きをサイトの方で読んでおります(・w・)
すごく主白い、という程ではないのですが、安定感があってそれなりにいい作品だと思います。

Re:Monster――刺殺から始まる怪物転生記――

因みにちょっと不満だったのが、書籍とweb版で若干の差異があったということでしょうか。
まぁ商品化にあたって加筆修正は構わないのですが、調度本の終りの部分とwebでの続きの部分で若干の差異があるせいで、そこそこ大事な部分がわからない状態になっているんですよね(´Д`;)
一応web版のダイジェストで大まかに何があったかは書かれているのですが、出来れば詳細が知りたい。

取り敢えずこれの続きが出たら股立ち読むとします。
ぇ?買えって?
文庫版が出たらな。
一冊1000円を超える本なんて買いたくありません。


Re:Monster(リ・モンスター)
金斬 児狐
アルファポリス
売り上げランキング: 3806

theme : ファンタジー・ノベル
genre : 小説・文学

tag : 感想

アニメダロット視聴完了!

(´;ω;`)ブワッ

今日、アニメダロットの視聴を終えました。
本当に、本っっ当に、近年では見られないほどの良質アニメです。
シリアスとギャグや、ひねりと王道がいい比率で配分されていて、シナリオ担当の力量と作品に対する愛がうかがい知れます。

メダロットは原作であるコミック、メディアミックスであるゲーム、アニメと、それぞれ細かい所で設定が違っている、という話を聞きます。
私はアニメしか見ていないので原作と比較することはできませんが、この出来は他のメディアから入った人でも十分感動できるものだと確信できます。

また一つ・・・お金が欲しい理由ができてしまった・・・。
メダロットのDVD-BOXを絶対に買いたいお(´・ω・`)
自分で見るもよし。誰かと見るもよし。人に勧めるのもよし。
アニメが好きな人なら一度は見なきゃ嘘だっていうくらい良いアニメです!(`・ω・´)

ここでフルアニMAXが閉鎖されてしまうのが本当に悔やまれます。
正直、有料配信でもいいから後でまた見たいというアニメなんて初めてですからね。
なんだか気持ち悪いくらいメダロットを押していますが、良い物は人に押し付けてでも見てもらいたい性格なので大目に見てください(´・ω・`)
(リアルなら友達をなくします)

兎にも角にも、ありがとうメダロット!ありがとうフルアニMAX!
お金が溜まったらメダロットのDVD-BOXを買うからそれまでさようならー!(´;ω;`)
(いつになるんだ・・・)

メダロットDVD-BOX 1 (5巻組)
ビデオメーカー (2010-01-29)
売り上げランキング: 4300


メダロットDVD-BOX 2 (4巻組)
ビデオメーカー (2010-02-19)
売り上げランキング: 3521

theme : メダロット
genre : アニメ・コミック

tag : アニメ 感想 ニコニコ動画

一本道迷宮

昨日から「一本道迷宮」と言うゲームをプレイしています。
とても面白いゲームです。

ダンジョンの仕様はほぼローグライクRPGなのですが、シレンなどと違うのは、死亡ペナルティがないということ。
なのでレベルアップしたりアイテムを手に入れたまま死んでしまっても、それらが失われることは一切ありません。
勿論ダンジョンの最初からやり直しにはなりますが、レベルアップやアイテム入手がされている後なので、やり直しがよりやりやすくなっています。

また、タイトルの由来にもなっている、「一度通った未知は崩れて通れなくなる」、という点にも注目です。
それだけならまだしも、1フロアごとに時間制限も設定されているため、どういうルートを進むか、と言う判断が重要になってきます。
(まぁ、一時停止ができるのでそれほど難しくはありませんが)

私はまだクリアできていませんが、終盤に差し掛かっており、ストーリーもなかなか面白いです。
もう一息でクリアできそうなので、徹夜にならない程度に頑張ってみます(`・ω・´)

theme : フリーゲーム
genre : ゲーム

tag : ゲーム 感想

ボールルームへようこそ

この前書店で見つけた、「ボールルームへようこそ」。
以前週刊少年ジャンプで横田卓馬さんが描いた「競技ダンス部へようこそ」を読んでいたおかげか、同じ社交ダンスというテーマを扱っていることと、絵が上手いという事で購入してみました。
正直、久々の大当たりだと思います(`・ω・´)

どちらも社交ダンスを通じて甘酸っぱい青春物を綴っておりますが、ボールルームへようこその方が連載作品だからか、恋愛面よりも社交ダンスへの比重が大きいです。
まぁ、折角社交ダンスを扱っているのに、恋愛にばかりうつつを抜かしている漫画だと何のための社交ダンスなんだと思ってしまいますが。
(いや、少女漫画なら恋愛への比重が大きいかもしれないけど)

因みにボールルームへようこそと競技ダンス部へようこそは、タイトルも内容も似ていますが、雑誌掲載時期から考えるとパクリの可能性はないと思います。
それはそれで凄い被り方をしているなぁと思いますが。
ちょっとだけ、裏で何かが動いていたのではないかと疑いたくなります(笑)

肝心の内容の方ですが、とにかくダンスバカ達があれこれやる熱い漫画、とだけ述べておきましょう。
気になる方は直接読んで見るように!!(`・ω・´)



theme : 月刊マガジン
genre : アニメ・コミック

tag : 感想

ランペイジ

今日は散歩も兼ねて書店へウィンドウショッピングへ行って来ました。
で、面白いノベルスはないかと、若干ライトノベルよりの新書や単行本が並ぶ棚へ足を運びました。
ぶっちゃけ表紙がヲタ向けのイラストである以上、ライトノベルとそう変わらない気もしますが・・・まぁ、それでも一応アホっぽそうなものが多い昨今のラノベよりはかなりマシだと思われる内容のものが多いです。

で、今回目に止まったのは、ランペイジと言う本です。
ざっくり言えば、転生モノ+強くてニューゲームなファンタジーものです。
主人公は現代日本人の生まれ変わりなので読者も感情移入がしやすく、優柔不断な、女に手が出せないような主人公じゃないので、かなり安心して読めます。

・・・が、今日立ち読みしている時は途中で無視が挟まって潰れているのを発見し、そのまま店員へ手渡したので、かなり序盤までしか読んでません(´∀`;)
いや、それ以前に立ち読みをするなという話ではありますが。
・・・という常識を持っている方と私にとって都合が良い事に、実はこれ、オンライン小説はからの出版物でして、しかも未だにオンライン版が読めるという状態なのです。
なので、私も本は買わずにオンライン側を読んでいたりしますww

しかし、書籍化するに当たりオンライン版よりも加筆修正されているので、全部読もうと思ったら最終的には書籍版を買う必要があります。
何より、書籍版を読んでいた時には気にならなかった文章の乱れ(?)がオンライン版にはあるので、ストレスなく読もうと思ったら書籍版がお勧めです。
まぁ文章の乱れといっても、同じ意味の繰り返しや矛盾になるような表現ではなく、「、」で区切ればいいものをいちいち「。」で区切ってたり、「~て。」とか言うような不自然な区切り方や体言止めが目につくといった程度ですけどね。

と言ってもひょっとすると、私が書店で立ち読みした所は股間そういった部分が少なかっただけなのかも知れません。
後、話はややズレますが、「はぐれ勇者の鬼畜美学」はせっかく話が面白いのに、文章の区切り方や体言止めが酷すぎたせいで私のストレスがマッハとなってしまい、物語を追う事を放棄しブックオフ行きとなってしまいました(´・ω・`)
読みやすい文章を書く事はとても大事ですね。

ついでなので、オンライン版のアドレスも載せておきます。
是非とも一読して見ることをお勧めします(・w・)

オレが異世界で獣とランペイジ

ランペイジ
ランペイジ
posted with amazlet at 12.05.27
高羽 忍
アルファポリス
売り上げランキング: 69201

theme : オンラインノベル
genre : 本・雑誌

tag : 日記 感想

Ib プレイ感想

最近大流行している「Ib」をプレイしてみました。
怖いのは苦手なので、流行り始めた時には無視していたのですが、ピクシブなどで知っている人がIbの絵を投稿すると流石についていけなくなってしまうため、とりあえずやってみました。
で、ギャリーとのラブラブエンド(?)のED1で無事にクリアしました。
残念ながらもうこれ以上プレイする気はありません。

だって怖いから。

そりゃあね、一度クリアしているから二週目以降はある程度は平気ではありますけどね?
一周目の時も攻略サイトを見ながらじゃないと怖くてやってられなかったんですよ!?
たとえ二週目以降であっても雰囲気が嫌だからもうプレイはしたくないのですYO!!!!!

・・・というわけで、メアリーには悪いのですが、イヴにはギャリーと幸せになる道を進んでもらいました。
もしもイヴとギャリーとメアリーの三人で幸せになれるEDが出るのであればそちらを目指したんですけどねぇ。
メアリーもメアリーで、もうちょっと良い子で居てくれていれば良かったのに、ギャリーを目の敵にするものだから私も割りと容赦無く*********しちゃいましたよ(´・ω・`)


所で話はズレれるのですが、絵の中の世界に入るといえばスーパーマリオ64を思い出します。
もしもIbの世界に迷い込んでいたのがマリオだったら、あるいは怖さも半減していたのかも知れません。
敵にテレサが出てきたり、ジャンプは出来なくても代わりに何かのアクションを追加したり。
・・・と考えると、それってルイージマンション?と言う考えに行き着いたりw
どっちにしろ怖くないですねww


さて、とりあえずIbはクリアしたので、今後は安心してピクシブでIbイラストを拝めます。
色々と見て回るじぇい(´∀`)

theme : Ib
genre : ゲーム

tag : ゲーム 感想

ニコニコでまどマギ一挙放送

久々にまどマギ見てるけどやっぱり欝になるな・・・と思ってたら思いの外平気だった。
うーむ、心が擦れたのか慣れたのか、それともピクシブでネタ絵を見過ぎたかw
まぁ途切れ途切れに適当に見てるだけだから別にいいんですけどね。

それにしても来場者数が70万人もいるとは・・・改めてまどマギの人気を思い知らされますね。
さすが魔法少女の常識をぶち壊してくれただけはあります。
でもそのために今日他に使うはずだった時間が・・・(結局それか)

うーむ、一挙放送は時間の経過が凄まじいから危険だな。

theme : 魔法少女まどか☆マギカ
genre : アニメ・コミック

tag : アニメ 感想

モノリスフィア

今日はモノリスフィアをプレイちう。
少々癖はあるものの、慣れればなかなか楽しめるゲームです。
現在は謎の集団のボスっぽい白い奴を倒し、これから冥府の世界へ行くところです。

何を言えば今のところ遠距離攻撃がないことですが、それについては作中で説明されていましたし、冥府の世界の女神から手に入る力がまだわかっていないので、言うほど気にはなりませんね。
・・・そう言えば雷神の槍は遠距離攻撃だったなw

そしてこれから残りをおわらせに行ってきます(`・ω・´)ゞ

theme : フリーゲーム
genre : ゲーム

tag : ゲーム フリーゲーム 感想

いろいろな意味でヤバい @パポタ

本日の環境キーワード:酸性雨

昨夜もつい徹ゲーしてしまい、結局今日も寝不足です。
さすがに今夜はもう早めに寝ますけどね。

さて、パポタのプレイ感想ですが、これは私は手を出さない方が良いゲームだと思いました。
というのも、初期のステ振りをミスってしまうと非常にちまちまと作業しなければならなくなり、そうなると膨大な時間をかけなければならなくなるからです。
ぶっちゃけ私は今、「あまり時間をかけずにサクサク遊べるゲーム」が欲しいので、面白いけど手を出しちゃ駄目な部類のゲームということになるのです。

さて、最初の資金繰りで攻略Wikiにあった「即ケティ」なる技を使用してみたところ、中盤からの火力不足に苦しめられることと相成ってしまいました。
銀の砂時計ごときのために貴重な魔導素材を無駄にしてしまったということになります。
ケティの店の魔導素材が値上がりするのは、後半になるとお金が余るようになるからそのための対策なのでしょうが、それは長時間このゲームをプレイすること前提の設定なので、私のようにサクッとクリアしたい人にとっては酷く面倒臭いのです。

これに対して、新しく始める時に難易度設定をして欲しいところですね。
イジー→全体的に敵が弱め。レアドロップも高く、素材の値段も低価格固定(500前後?)
ノーマル→大体は現状と同じ。ただし素材の値上がりには上限をつけて欲しい。
ハード→敵が鬼のように強く、レアドロップも小数点以下のマゾ仕様。勿論素材の値上がりも上限なし。

・・・と言った風にして欲しい。
恐らく私のステータスの振り方がおかしいのかも知れませんが、レベル50になってもサクサクと狩られてしまうので嫌になるのです。
最初はHPや防御力につぎ込んで、火力は赤い魔力で一点特化するべきだったかも知れません。
その場合の回復はアイテムだよりになるのかなぁ。

まぁそんな訳で、また違うゲームに手を出すかもです(´・ω・`)

theme : フリーゲーム
genre : ゲーム

tag : ゲーム フリーゲーム 感想

プロフィール

真崇高光

  • Author:真崇高光
  • なんかもうどうにでもなーれ(AA略)

    プロフ
    うわの空の日々

年月アーカイブ

 

カテゴリー

応援



Wii『朧村正』応援バナー 鬼助

ブログペット

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

タグリスト

RSSフィード

SEOタグ

Google AdSense

コミックス

ライトノベル

ゲーム

CD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。