スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプSQ 2011年3月号 感想

今までつまんない日記ネタがメインだったこのブログですが、より面白くするために今日から毎月購読しているジャンプSQの感想を書いていこうと思います(・w・)
いつまで続くのか生暖かく見守ってくださると嬉しいです。

まずは漫画の感想に行く前にどうしてもツッコミを入れたいものから。
SQ.×ONE PIECEのお風呂ポスターセット。
・・・左下にものすごい違和感が・・・。

違和感

なんというか・・・特徴はきちんと捉えているからどこが変とは上手く言えないけど、どうみても変です。
というか可愛くねぇ。増田先生に描かせた結果がこれだよ!
因みに矢吹先生が描いたナミも、可愛くはあるけど何か違う。
山本さんは可もなく不可もなく、一番上手いのは助野先生ですね。流石はパロネタを得意とするだけはありますね。


GATE7

今月から新連載となったCLAMP先生の新連載。
この話から読み始めても良いのですが、その前に2010年12月号に掲載されていた読み切りを読むと、より話が分かりやすいです。
簡単に説明しますと、主人公である高本致佳人は歴史や美術、寺や神社などの古いものが好きな高校2年生。
反対する母を説得して念願の京都旅行に来たものの、北野天満宮で不思議な空間に入り込んでしまい、化け物と戦う三人と関わってしまう。
本来一般人は入れないはずの結界に迷い込んだり、余計な記憶を消す術が効かなかったりと、特殊な家計でも関係者でもないはずの致佳人君には何らかの秘密がありそうです。
そして最後にはなという子にキスをされて終わるのですが・・・まだこの子の性別が明かされていないのが気になるんですよねぇ。
普通ならここは女の子なのですが、CLAMP先生の事だから正直油断できないwww
ま、BLもNLも嗜む雑食ヲタな私にはどっちでも美味しいんですけどね(*´∀`)b

さて今月分の感想ですが、冒頭から例の三人と再会した致佳人君。
他の漫画では運命で再開するのが一般的(?)ですが、この子は以前はなにされたキスが「戻り鳥」という妙法で、そのために一緒に住む事に。
・・・もしもこれではなが男の子だったらと思うとゾクゾクするのですが、残念ながら今回もはなの性別は明かされませんでした。
CLAMP先生の掌で踊らされていると分かっていながらもやめられないwww
それにしても橘と桜の属性が見た目と性格と逆というのも何かの伏線なのかなぁ。
まぁ、単に捻った設定にしただけなのかもしらんけど。

続きを読む

スポンサーサイト

theme : ジャンプSQ.
genre : 本・雑誌

tag : 感想 ジャンプSQ

プロフィール

真崇高光

  • Author:真崇高光
  • なんかもうどうにでもなーれ(AA略)

    プロフ
    うわの空の日々

年月アーカイブ

 

カテゴリー

応援



Wii『朧村正』応援バナー 鬼助

ブログペット

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

タグリスト

RSSフィード

SEOタグ

Google AdSense

コミックス

ライトノベル

ゲーム

CD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。